「むれ椿の会」は、平成9年に日本ツバキ協会香川支部として発足しました。

古くから牟礼町やその近隣地域には、椿を大切にする愛好者が多く、土地も適していたのか多種類の椿が花を咲かせていました。 「牟礼草友会」の初代会長 故小山実一氏は、珍しい品種、絶滅しそうな品種を幾代にも伝えるために、県内各地にも足を運び、実地調査をして、「香川の椿」を選定し、命名してこられました。

その後、跡を継いだ今雪哲郎氏は「香川の椿」にとどまらず、全国各地の椿や洋種椿などを幅ひろく育成するほか、会員の指導もしています。「香川の椿」は、小山氏等の命名のものを含めて60余種を数え、「金毘羅弁慶」「琴娘」「春光」「さぬき白百合」「桃豊」などは、多くの人に知られるところとなっています。現在、(椿の会)会員約30名が椿展をはじめ、椿育成地の視察・研修旅行栽培・管理に関する講習会などの活動を続けています。