施設プロフィール
 
 1.名 称    21世紀館さんがわ (さぬき市文化資料展示館)  
 2.所在地  さぬき市寒川町石田東甲927−2 
 3.施設概要      (1)建築構造  鉄筋コンクリート造 一部2階建
 (2)延床面積  321.2u
 (3)施設内容     多目的ホール  130.8
 展示室       16.0
 講座室       59.5
 事務室       11.7
 4.工事概要      (1)建築年度  平成12年度 
 (2)設計管理   香川県高松市天神前3番1号
  有限会社 富岡建設研究所 代表取締役 富岡学
 (3)工事施工   香川県高松市屋島西町1932番地9 
  株式会社 薮内建設 代表取締役 薮内清二
 (4)総事業費  53,683千円 
   
 ▼外観  ▼多目的ホール   ▼講座室
       
  備品として展示陳列ケースが2台あり、
中央等に設置することも可能。     
ガラス張りの展示コーナー 机18脚、丸椅子60脚あり
会議室としての利用も可能 
※  利用可能な備品等は、こちらをご覧ください(利用案内のページへ移動します)   


施設の経緯
              平成12年4月、大川学校給食組合の業務が開始されることになり、寒川町の学校給食センターが前月に廃止されました。

         その時、この建物を利用して寒川町民待望の「文化資料展示館」にしようという機運が起こりました。

        「芸術文化とのふれあいを深め、人生にゆとりと潤いを実感できる芸術活動の拠点になるように」との願いを込めて

         改造計画が立てられ、着工の運びとなりました。平成13年3月に竣工し、「21世紀館さんがわ」と決まりました。

         開館後は、町民の生涯学習活動の発表の場として幅広く利用されてきました。

         平成14年4月、合併による「さぬき市」誕生に伴い、「さぬき市文化資料展示館」(愛称は「21世紀館さんがわ」)

         と改称され、文化活動への一層の貢献が目指されています。
トップページへもどる
21世紀館さんがわ
<さぬき市文化資料展示館>
さぬき市寒川町石田東甲927−2(寒川支所南側)
пi0879)43−0780