1 関係機関、団体との連携により、地域ぐるみの健全育成を積極的に推進する。

(1) 地域活動の活性化を図るために、青少年健全育成さぬき市民会議・学校・家庭・地域社会との連携を一層深め、青少年の健全育成の推進に努める。

(2) 警察・保護司・民生委員・自治会・隣接育成センターその他の関係機関・団体との連携を密にし、青少年の非行・いじめ防止や明るい家庭と住みよい地域づくりに努める。

(3) 地域の各種会合・行事などに積極的に参加し、住民と一体となって健全育成の意識高揚に努める。

2 補導活動の強化と充実を図る。

(1) 補導員による日常生活圏での補導・声かけ活動を推進する。

(2) 街頭補導を積極的に推進し、青少年の非行や不良行為を早期発見し、補導・更生に努める。

(3) 各地区ごとに長期休業日中の補導を計画・実施する。

(4) 地域の行事等には、学校・PTA等との連携による補導を実施する。

(5) 育成センター補導員合同で列車補導・高松市内繁華街の巡視等を実施する。

(6) 水難事故防止のため、危険個所の巡視を強化する。

3 学校との協力体制を推進し、効果的な生徒指導を展開する。

(1) 管内の諸学校との情報交換を密にし、非行やいじめの未然防止と広域化を防止する。

(2) 積極的に学校を訪問し、情報交換を密にして、効果的な生徒指導の援助をする。また、現職教育やPTAの会合に参加し、学校・教師への助言を図る。

(3) 中・高等学校生徒指導主事の連絡協議会に参加し、情報交換を密にする。

(4) 文化祭・運動会・卒業式等の学校行事の巡視にあたる。

(5) 変質者による被害防止のため、情報をいち早く連絡し、注意を呼びかける。

4 環境浄化活動を推進する。

(1) 青少年を取り巻く有害環境の浄化活動に努める。

(2) 各種関係業者(ゲームセンター・書店・レンタルビデオ店・カラオケボックス・スーパーマーケット)等への協力を要請する。

(3) 駅周辺の清掃等、児童生徒のボランティア活動の推進を図る。

5 広報・啓発活動の充実を図る。

(1) 生徒作成の万引防止ポスター・標語などを募集し、それらを商店・公民館等に展示する。

(2) 非行防止パネルの展示、横断幕を設置する。

(3) スーパー、商店にて健全育成を呼びかけるとともにリーフレット、チラシ等を配布する。

(4) 非行・被害防止強調月間、夏季休業中の中学生による「1日補導員」など、広報車による広報活動を行う。

(5) さぬき市広報紙に「育成センターだより」を掲載する。

(6) 青少年健全育成に関するキャンペーン活動を実施する。

(7) 薬物乱用・性非行等の深刻化にかんがみ、青少年が正しい認識を持つように啓発に努める。 

6 相談活動の充実と学校教育相談の援助を図る。

(1) 積極的な相談活動(来所・訪問・電話)を推進するとともに、いじめ問題に対し、学校・関係機関との連携を強める。

(2) いじめの電話相談をより一層受け入れられるよう努める。

(3) 管内教職員の研修活動を援助するため、育成センター所有の図書の活用を勧める。また、青少年問題に関する調査研究の成果を収集・整理・分析し、これらの情報を提供する機能の充実を図る。

7 不登校児童生徒の適応指導教室を開設する。

(1) 心的不登校児童生徒の適応指導教室を開設し、社会的自立及び学校復帰をめざした集団適応指導や学習指導を実施する。

(2) 不登校児童生徒への家庭訪問や登校援助をする。
さぬき市少年育成センター事業実施要領