平成15320 教育委員会規則第1

(趣旨)

1条 この規則は、さぬき市少年育成センター条例(平成15年さぬき市条例第3号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

2条 さぬき市少年育成センター(以下「育成センター」という。)に次の職員を置く。

(1) 所長

(2) 補導主事

(3) その他の職員

2 所長は、上司の命を受けて、所管の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 補導主事は、上司の命を受けて、専門的業務に従事する。

4 その他の職員は、上司の命を受けて、事務及びその他の業務に従事する。

(運営委員会)

3条 さぬき市少年育成センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)は、育成センターの業務に関する基本的な事項を協議決定する。

(委員長及び委員)

4条 運営委員会は、次に掲げる者のうちから、教育委員会が任命又は委嘱した委員長及び委員をもって構成し、その数は、20人以内とする。

(1) 教育、児童福祉及び警察等行政機関の職員

(2) 幼稚園及び学校関係者

(3) 識見を有する者

2 委員長は、会務を総理し、運営委員会を代表する。

3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指名した委員がその職務を代理する。

(任期)

5条 委員長及び委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会議)

6条 運営委員会の会議は、必要に応じて委員長が招集し、委員長は、その議長となる。

2 運営委員会の会議は、委員の過半数が出席しなければ、開くことができない。

3 運営委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(補導員)

7条 補導員は、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 学校教職員

(2) 警察職員

(3) 主任児童委員

(4) 教育委員会職員

(5) 識見を有する者

(6) その他関係機関及び関係団体職員

2 補導員の任期は、2年とし、再任を妨げない。

3 補欠補導員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 補導員は、所長の意を受けて育成センターの業務に協力するものとする。

(その他)

8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成1541日から施行する。

(さぬき市長尾地区少年育成センター条例施行規則の廃止)

2 さぬき市長尾地区少年育成センター条例施行規則(平成14年さぬき市教育委員会規則第21)は、廃止する。

さぬき市少年育成センター条例施行規則